Header


歯と歯茎の疾病予防

虫と歯茎の疾病予防は、ペットの健康管理において最も重要な項目のひとつです。あなたの歯があなたにとって大事なのと同様に、ペットにとって歯は大事なものなのです。

麻酔なしのデンタルクリーニングは獣医の立ち会いのもので行なわれます。

人間と同じように、ペットも、口内衛生の問題が様々な疾患の原因となります。

  • 歯周病
  • 心臓病
  • 肝臓や腎臓の疾患

麻酔を使わない方法は心臓疾患などの病気を持つ高年齢のペットに適しています。
Dog And Cat

歯と歯茎の疾病予防の方法

ペットの歯磨き
あなたが毎日歯を磨くように、ペットも毎日歯を磨くことが理想的です。ただし人間の歯磨き粉を使わないでください。 ペットには有毒な場合があります。(フレーバーを加えたペット用歯磨き粉もあります)歯磨きは、斜めの角度に歯ブラシをあてて、小さな円を描くように動かします。奥の歯から手前へと磨くのがやりやすい方法です。

定期的なクリーニング
ペットは最低でも6ヶ月に1回、歯のクリーニングが必要です。ある種の大型犬は1年間間があいてもだいじょうぶですが、その場合でも6ヶ月ごとの方が理想的です。クリーニングによって歯周病の原因となるバクテリアがたまることを防ぎ、歯が抜け落ちたり、様々な病気に発展することを防ぎます。

メンテナンス・プログラム
ケイナイン・デンタルサービスでは、ペットの歯を健康に保つためのメンテナンス・プログラムをリーズナブルな料金でご提供しています。このプログラムには毎月の歯のクリーニングとポリッシングが含まれます。ご自宅でペットの歯を磨くことが困難な方に最適です。歯や歯茎を長期間汚れた状態にしておくより、1ヶ月に一度でも徹底クリーニングする方がはるかに良いのです。このプログラムでは、いつもご利用のケイナインのクリニックにペットを連れてきていただければ、月に一度以上何度でも、追加料金なしでデンタルクリーニングを受けていただけます。最低でも一日おきにペットの歯磨きができない場合は、このプログラムのご利用をおすすめします。

お近くのクリニックの情報やサービス料金などはお問い合せ ください。



Brushing Front Teeth

Brushing Back Teeth

English Site